スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安愚楽事件 第2回公判

下野新聞
三ヶ尻被告「一生かけて償いたい」 安愚楽事件公判、初めて謝罪

経営破綻した「安愚楽牧場」(那須塩原市埼玉)の旧経営陣がうその説明で出資を勧誘したとされる事件で、特定商品預託法違反(不実の告知)罪に問われた元社長の三ケ尻久美子被告(69)らの第2回公判が21日、東京地裁(芦沢政治裁判長)で開かれた。

 弁護側の被告人質問で三ケ尻被告は「オーナー(出資者)に多大な損害とご迷惑をお掛けして申し訳なく思っている。一生かけて償いたい」と法廷で初めて謝罪。退廷時、傍聴席の出資者から「私たちに謝れ」という怒号に、「一生かけて償います」と頭を下げた。

 三ヶ尻被告はグレーのジャケット姿で証言台に立ち、精神疾患を患い通院していると明かした。

 都市と農村をつなぐという理念を掲げ設立した安愚楽牧場。勾留中の心境を問われた三ケ尻被告は「どうしてこんなことになったのかを考えていた。当初はオーナーをパートナーとしていたが、経営の手段としてみるようになっていったのが誤りだった。経営者として考え方におごりが出た」と振り返った。

 安愚楽牧場は11年8月、負債総額約4330億円で経営破綻した。「口蹄疫問題が終わり、明るい兆しが出た後、東日本大震災が起きた。東北は保有する牛の頭数が多く風評被害の影響で価格が暴落し、出荷停止にもなった。オーナー解約も増え、銀行にも借入資金調達したが、対応しきれなくなった」と弁明した。

 次回公判は11月25日。三ケ尻被告に対する検察側の被告人質問などが行われる。

---------------------------
(読売新聞
安愚楽公判 「牛増やす計画あった」

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tochigi/news/20131021-OYT8T01490.htm

安愚楽牧場(那須塩原市)の和牛オーナー制度を巡り、特定商品預託法違反(不実の告知)に問われた元社長の三ヶ尻久美子被告(69)ら旧経営陣2人の第2回公判が東京地裁(芦沢政治裁判長)で開かれた。三ヶ尻被告は被告人質問で、実在しない牛がいるかのように偽ったとされる事件の核心に初めて触れ、「一時的なもので、牛を増やす計画があった」と釈明した。

 三ヶ尻被告は初公判の罪状認否で、「間違いありません」と述べるにとどめていた。第2回公判では、弁護側の被告人質問で詳しい経緯に言及し、経営破綻する約半年前の2011年2月末の役員会議では、15年までに牛を23万頭に増やす計画があったと説明した。

 しかし、11年3月の福島第一原発事故で牛の価格が下落するなどした結果、途中解約するオーナーが相次ぎ、「資金繰りが厳しくなって牛を増やすことはできなくなった」と述べた。

 傍聴席に詰めかけた被害者からは、「うそだ」などの怒号があがり、裁判は一時中断した。被害者らは閉廷後、「どう責任を取るんだ」と柵越しに詰め寄り、三ヶ尻被告は何度も深々と頭を下げた。

 この日は弁護側の証人尋問もあり、三ヶ尻被告の長女が、「母親は、『創業当時の理念から離れ、オーナーを経営の道具として見るようになってしまった』と悔いている」と述べ、「母親を監督していきたい」と涙を流して訴えた。

スポンサーサイト

詐欺罪不起訴に対する公判検事宛の抗議・要望活動のお願い

東京地検からは詐欺罪不起訴の発表がありましたが、
今後は検察審査会の事案となるので、
それに向けての抗議活動は重要です。

また、預託法違反の裁判(一審)も12月まで続くので、
公判検事に対して被害者の声や要望を伝えることも大切です。
現時点での、抗議・要望活動としては、
以下の3ヵ所が重要だと思われますので、
そのガイドラインをお知らせします。

地方に住んでいる方、仕事で裁判の傍聴に行けない方でも、
メール・電話・手紙でなら、抗議活動に参加できますので、
一人でも多くの方のご協力をお願いいたします。

------------------------------------------------------------
【方法1】

東京地検の特捜部に、詐欺罪不起訴の抗議(電話・メール・手紙)

(担当者)
 東京地方検察庁 特捜部 市川宏 検事

(送り先)
 〒100-8903 千代田区霞が関1丁目1番1号
 電話 03-3592-5611(大代表)
 http://www.kensatsu.go.jp/kakuchou/tokyo/08_support.html

市川検事には、不起訴決定に対する抗議や怒りをぶつけてください。
本来なら被害者の立場に立つべき検察が、加害者の弁護人と同じ主張を
しているのは職務放棄に等しいと、強く糾弾してください。
私たちは、職業法律家ではなく、一人の被害者にすぎないのですから、
専門的な法律論を述べる必要はありません。
感情的な言葉をぶつけたって何の問題もありません。

東京地検の内部にも、被害者に同情的な人は存在するはずですから、
そうした人に訴えることが、検察審査会など、今後の動向に、
小さいながらも重要な影響を与える可能性もあります。

------------------------------------------------------------
【方法2】

預託法違反の裁判の公判検事に要望(電話・メール・手紙)

(担当者)
 東京地方検察庁 特別公判部 大山 検事(フルネーム不明)

 送り先は(1)と同じ

公判検事のフルネームは、電話で東京地検に問い合わせましたが、
教えてくれませんでした。ただ、「特別公判部の大山検事」と書けば、
間違いなく届くとの回答がありました。

預託法違反の裁判の公判検事である大山氏には、公判の内容、
被告側弁護人の主張に対して、「ここがおかしいので、被告人質問
などの際に、しっかり問いただしてほしい」と要望してください。
犯罪者を起訴できるのは検察だけなので、検察には被害者の声や
要望を聞く義務があります。ましてや、詐欺罪での起訴を見送る
のであれば、その分だけ、大山検事の任務は重くなるはずです。

特に、被告人質問などを通じて「被告人は反省などしていない」こと、
「情状酌量に値しない」ことを明白にしてほしいと要望してください。
この裁判は、被告側が起訴内容を認めているので、有罪になることは
100%確実ですが、だからと言って、検察側が追及の手を弱めることは、
事件の全容解明という観点からみても決して許されません。
減刑目的で主張されている被告側の嘘に対しては、
大山検事からきちんと反論してほしいと、強調してください。

------------------------------------------------------------
【方法3】
東京地裁の裁判官宛に、被告の厳罰要求(電話・手紙)

(担当者)
 東京地方裁判所 刑事第15部 芦澤政治、野村充、小川結加

(送り先)
 〒100-8920 東京都千代田区霞が関1-1-4
 電話 03-3581-2295(大代表)

裁判官に対しても、(2)と同様の指摘をしたうえで、「被告人は反省など
していないので、厳罰に処してほしい」と要望してください。
または、「公判検事の大山氏に以下の要望を送った」とコピーを同封して
もいいかもしれません。
裁判官が、証拠外の投書を読んでくれるかどうかはわかりませんが、
投書がたくさん届いているという報告は入ると思われます。

(論点の参考例)

●だますつもりはなかった。反省している
  →破綻直前の肥育牛コースなどは、東京の営業所が反対していた。
  →破綻後の説明会でも「牛の数は足りている」と嘘を言っていた。
  →民事再生の決定後も高額な給与をもらっていた。
  →裁判所からの再三の要請を無視して、債権者集会に欠席し続けた。
  →9月24日の初公判でも、傍聴席の被害者には頭を下げていない。

●牛を増やしたり、販路を広げる計画があった
  →具体的な計画や進捗状況の記録が存在するのか。
  →破綻後の説明会でも「牛の数は足りている」と嘘を言っていた。

●他の悪徳投資商法のような訪問勧誘はしていない
  →優良顧客には電話や訪問をして、契約継続や買い増しを求めていた。

●直前まで、融資の交渉をするなど努力を続けていたから詐欺ではない
  →資金繰りの努力をすれば、マルチ商法やネズミ講でも詐欺にならないのか。

●オーナーは個別の牛ではなく事業全体に投資していたから詐欺ではない
  →破産管財人の調査によれば、10年以上利益が出ていないのだから、
   事業全体がマルチ商法と同じ詐欺状態だったと考えるべき。

●出資者も“配当を得る権利”への出資と理解していたから詐欺ではない
  →破綻直後の集会で「自分の牛を返してくれ」と主張したオーナーが多数いた
   ことからもわかるように、個別の牛と契約したという意識があった。

------------------------------------------------------------

上記3ヵ所以外でも、政治家、行政組織、農業団体など、
気になるところがあれば、抗議・要望を送っていただいて構いません。
私たち被害者は、弁護士とは違って職業法律家ではないので、
多少感情的に発言・行動したとしても大きな問題にはなりません。
一人でも多くの皆さまのご協力をお願いいたします。

安愚楽牧場旧経営陣に対する詐欺容疑での不起訴決定に関する声明

報道関係者 各位
安愚楽牧場旧経営陣に対する詐欺容疑での不起訴決定に関する声明

東京地検の不起訴決定によって生じる将来の被害者は日本国民全員です
 
本日10月11日、東京地方検察庁より、株式会社安愚楽牧場の旧経営陣に対する決定が下されま
した。代表取締役・三ケ尻久美子、専務執行役員・増渕進、同・大石勝也の3者に関して、詐欺罪での
容疑について不起訴(嫌疑不十分)とするというものです。また、増渕に関しては特定商品預託法
違反(不実の告知)についても不起訴(嫌疑不十分)とするとのことです。

先月24日の三ケ尻・大石の初公判では、破綻直前に三ケ尻らが金策に走り回ったという内容の
調書が全文朗読されましたが、数百ある証拠の中から、わざわざその調書を選んで全文朗読した
のは、本日の不起訴決定に備えた検察側の狡猾なエクスキューズだったのかもしれません。
いずれにしても、私たち被害者は、この決定を承服することはできません。この事件の場合、す
でに報道などで、虚偽の決算書や架空の牛番号で契約を取っていたことが明らかになっていま
す。また、破綻直前の平成23年7月に募集された肥育牛コースについては、東京の営業部が反対
したため、那須の本社で募集業務を行ったとされています。これらは、常識的な市民感覚でいえ
ば詐欺以外の何物でもありません。

しかし、東京地検の説明はこうした世間の常識では理解に苦しむ内容です。東京地検いわく、契
約数の6割の牛が存在すれば、残り4割が実在しなくても事業に実体があったと認められる。破綻
直前まで金策や販路拡大に奔走していれば、だます意志があったとは認められない――など。こ
んな理屈が通用するなら、ネズミ講やマルチ商法でも、やり方を工夫すれば詐欺にはならないで
しょう。これでは全国の犯罪者に捕まらない方法を教えているようなものです。

この事件の被害者の中には、60代・70代で再就職した人もいます。被害の事実を配偶者に隠し
たまま、この先、何十年も生きてゆかなければならない人もいます。今回、東京地検が下した決定
は、こうした被害者の痛みを切り捨てるだけでなく、同種の悪質投資商法の増加を容認すること
に他なりません。折りしも、振り込め詐欺などの「特殊詐欺」の被害額が、本年上半期は約212億円
と、過去最高を記録したばかりです。

安愚楽牧場事件の被害者は約7万3000人ですが、今回の東京地検の決定によって生じる将来
の被害者は日本国民全員です。

以上

2013年10月11日
あぐら被害者の会
代表 川口瑞夫

元社長ら詐欺容疑は不起訴 東京地検特捜部ー捜査終結

日本経済新聞
安愚楽牧場元社長ら詐欺容疑は不起訴 東京地検、捜査終結

安愚楽牧場(栃木県那須塩原市)による特定商品預託法違反事件で、東京地検特捜部は11日、同社元社長、三ケ尻久美子被告(69)=同法違反罪で起訴=ら旧経営陣3人が告訴されていた詐欺容疑について、いずれも嫌疑不十分で不起訴処分とした。特捜部は「 金銭をだまし取る犯意が認められない」としている。
また特捜部は、処分保留で釈放していた元役員(59)の同法違反容疑についても同日付で不起訴処分とし、同社を巡る一連の捜査は終結した。(2013/10/11 19:35 )

---------------------------
MSN産経ニュース
安愚楽牧場旧経営陣、詐欺罪では不起訴 東京地検

経営破綻した安愚楽(あぐら)牧場(栃木県那須塩原市)の特定商品預託法違反事件をめぐり、元社長の三ケ尻久美子被告(69)=同法違反罪で公判中=ら旧経営陣3人に対する詐欺罪での刑事告訴について、東京地検は11日、嫌疑不十分で不起訴処分とした。弁護団は処分を不服として、検察審査会に申し立てる方針。

地検によると、同社は経営状態が悪化した後も、国内外への販路拡大や金融機関との融資交渉を継続していたという。地検は「事業破綻が分かっていたとは積極的に認められない。意図的にだましたとは認めがたい」としている。

同社をめぐっては、出資者58人が「牛が存在しないのに嘘をついて出資金を集めていたのは詐欺罪に当たる」などとして、警視庁や各地の警察本部に刑事告訴していた。
(2013.10.11 18:42 )

---------------------------
(毎日新聞
安愚楽牧場:詐欺容疑は不起訴 東京地検特捜部
 安愚楽(あぐら)牧場(栃木県那須塩原市)による特定商品預託法違反事件で、東京地検特捜部は11日、詐欺容疑で刑事告発されていた元社長の三ケ尻久美子被告(69)=同法違反で公判中=ら旧経営陣3人について、不起訴(容疑不十分)とした。特捜部によると、牧場側が2011年8月に民事再生法の適用を申請する直前まで、金融機関と融資の交渉をするなど経営努力を続けていたことから、「だまし取るとの犯意は認められない」と結論づけた。

 旧経営陣3人のうち、特定商品預託法違反容疑で逮捕され処分保留で釈放されていた元役員(59)は、同法違反についても同日付で容疑不十分で不起訴とし、一連の捜査を終結した。一方、全国安愚楽牧場被害対策弁護団は同日、特捜部が詐欺について不起訴としたことを不服として、今後、検察審査会に審査を申し立てる方針を明らかにした。【吉住遊】
(2013年10月11日 20時52分)

---------------------------
(時事ドットコム
元社長ら、詐欺は不起訴=安愚楽牧場事件の捜査終結-東京地検
 全国から出資金を集めて経営破綻した安愚楽牧場(栃木県那須町)をめぐる事件で、詐欺容疑で告訴された元社長三ケ尻久美子被告(69)=特定商品預託法違反罪で公判中=ら3人について、東京地検は11日、嫌疑不十分で不起訴処分とした。
 このうち元専務(59)については、同法違反容疑も処分保留となっていたが、同じく不起訴とした。同社をめぐる一連の捜査は終結した。
(2013/10/11-19:46)
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。