スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党・柴山昌彦議員に陳情をしました(6/5)















6月5日(木)のAM9:30に、衆議院第二議員会館で、自民党の柴山昌彦議員と面会し、安愚楽問題の早期解決のお願いをしてきました。

集まったのは、弁護団5~6人、被害者11人、取材記者3人くらいで、面会時間は30分弱。

柴山議員は、自民党の安愚楽牧場問題プロジェクトチームの元座長であり、2012年2月の国会質疑で、松原仁・消費者担当大臣(当時)から、消費者庁の不手際について謝罪の答弁を引き出してくれた方です。

まず、紀藤団長より、今回の国賠訴訟の趣旨説明が行われ、早期の救済を求める要請書や、国賠訴訟の訴状(簡略版)などが手渡されました。そして、被害者が高齢であることなどを考慮して、一日も早いの救済を実現して欲しいと要望しました。

これに対して、柴山議員からは以下のような回答がありました。

「安愚楽問題プロジェクトチームでは、農水省や消費者庁にヒヤリング調査をしているので、当時どのような検査や指導をしたのかについては、すでに把握できている。安愚楽問題について一番熱心に取り組んでいるのは自分たちのチームだという自負もある。なので、そのときのチームのメンバーに声をかけて、政府への働きがけを行いたい。そして、国民にも被害者の方々にも説明がつくような形で、なんとか決着をつけられるようにしたい」

また、被害者からも柴山議員へ要請書を手渡し、「被害者は国にも騙されたという思いを抱いている」という話をしました。

被害者の会が提出した要請書は以下の通りです。
http://agurahigai.web.fc2.com/book/20140605sibayama.pdf

面会終了後の紀藤団長の話では、まだまだこれは最初の第一歩にすぎない……とのことでした。

今回の陳情は急に決まった話なので、同行していただける被害者を集めるのが大変でした。かなり無理なお願いをしたので、残り少ない有給を使って駆けつけてくださった方もいました。被害者の会の活動は、こうした方々の熱意によって支えられています。



柴山議員のFacebookでも紹介されています。
https://www.facebook.com/549728848437286/photos/a.549802538429917.1073741845.549728848437286/663386100404893/?type=1&theater
スポンサーサイト

「安愚楽」国賠訴訟、早期決着を要望 被害者ら、自民党PT元メンバーに

〔下野新聞〕

「安愚楽」国賠訴訟、早期決着を要望 被害者ら、自民党PT元メンバーに
6月6日 朝刊

 和牛オーナー制度が行き詰まり経営破綻した「安愚楽牧場」(那須塩原市埼玉)について、国の不適切な対応が被害拡大につながったとして国家賠償を求めて提訴している被害者と弁護団は5日、この問題を調査した自民党のプロジェクトチーム前座長の柴山昌彦衆院議員を訪問し、裁判外での早期決着を国に働き掛けるよう求めた。

 国賠弁護団長の紀藤正樹弁護士ら約15人が出席。適切な賠償と原因究明、再発防止を求める要請書を手渡した。紀藤弁護士は「自殺者も出ており、時間がたつほど被害回復ができない」と訴えた。

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/politics/news/20140606/1616547

(写真)
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/politics/news/20140606/1616547/articleimage/J201406050351_R


カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。