スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安愚楽事件 第4回公判(追加)

下野新聞

「甚大な消費者被害」安愚楽事件、元社長に懲役3年求刑

 経営破綻した「安愚楽牧場」(那須塩原市埼玉)の旧経営陣がうその説明で出資を勧誘したとされる事件で、特定商品預託法違反(不実の告知)罪に問われた元社長の三ケ尻久美子被告(69)らの論告求刑公判が5日、東京地裁(芦沢政治裁判長)で開かれた。

 検察側は「巧妙な隠蔽工作をして勧誘を続け、甚大な消費者被害を招いた」と三ケ尻被告に懲役3年、同罪に問われた元役員の大石勝也被告(74)に懲役2年6月を求刑。弁護側は「十分反省している」と執行猶予付きの判決を求め結審した。判決は来年1月9日に言い渡される。

 検察側は論告で、安愚楽牧場が1995年ごろから繁殖牛が不足し和牛オーナー制度の顧客全員に牛が割り当てられない状態だったと指摘。三ケ尻被告らは顧客らに発覚しないよう架空の牛を割り当てるなど工作したとし、「犯行は常習的で計画的かつ巧妙」と強調した。

 また既存オーナーへの配当のため勧誘を続けたとし、「経営に必要な資金を集めるという動機は極めて利己的で酌量の余地はない」とした。

 一方弁護側は、架空の牛の割り当ては一時的なもので増頭計画があったと主張。東京電力福島第一原発事故による風評被害など外的要因で計画が狂わされたとし、「犯行は悪質でない」と訴えた。

 最終意見陳述で三ケ尻被告は「オーナーをだますつもりは毛頭なかった。多大なご迷惑をお掛けし、本当に申し訳ありません」と謝罪。出資者らが集まった傍聴席を振り返り、深々と頭を下げた。

 起訴状によると、2人は経営破綻前の10年9月~11年7月ごろ、実在しない牛の識別番号を記載した契約書を送って出資を勧誘した、としている。

 安愚楽牧場は11年8月に経営破綻した。負債総額は約4330億円。うち約4200億円は全国の出資者約7万3千人(県内約2千人、債権額116億円)への負債だった。

下野新聞 12月6日 朝刊
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20131206/1434739

---------------------

テレビ朝日

「安愚楽牧場」預託法違反 元社長に懲役3年の求刑
テレビ朝日系(ANN) 12月5日(木)18時54分配信

 経営破たんした「安愚楽牧場」の元社長らが嘘の説明で出資を勧誘した罪に問われた事件の裁判で、検察側が元社長に懲役3年を求刑しました。

 安愚楽牧場の元社長・三ケ尻久美子被告(69)と元役員の大石勝也被告(74)は2010年から2011年にかけて、実際には存在しない牛の契約書を送って出資者を勧誘した特定商品預託法違反の罪で起訴されました。5日の裁判で、検察側は「社会的影響も極めて大きい」「犯行態様が常習性、計画性、巧妙さなどの点から見て悪質極まりない」として、三ケ尻被告に懲役3年、大石被告に懲役2年6カ月を求刑しました。判決は来月9日に言い渡されます。


テレ朝 news 最終更新:12月6日(金)6時34分
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20131205-00000043-ann-soci
(動画も見れます)

---------------------

東京新聞・栃木】

懲役3年求刑し結審 安愚楽牧場 元社長公判

 経営破綻した安愚楽(あぐら)牧場(那須塩原市)の旧経営陣がうその説明で出資を勧誘したとされる事件で、特定商品預託法違反(不実の告知)の罪に問われた元社長三ケ尻久美子被告(69)の公判が五日、東京地裁(芦沢政治裁判長)であり、検察側が懲役三年を求刑した。
 同罪に問われた元役員大石勝也被告(74)には懲役二年六月を求めた。弁護側がいずれも執行猶予を求めて結審した。判決は来年一月九日に言い渡される。
 検察側は論告で安愚楽牧場が和牛オーナー制度の顧客全員に牛を割り当てるのが不可能な状況だったと指摘し、「巧妙な隠蔽(いんぺい)工作をして勧誘を続け、大規模な消費者被害を招いた」とした。

東京新聞・栃木 2013年12月6日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20131206/CK2013120602000147.html

---------------------

日本経済新聞

元社長に懲役3年求刑 安愚楽牧場事件

 経営破綻した安愚楽牧場(栃木県那須塩原市)の旧経営陣がうその説明で出資を勧誘したとされる事件で、特定商品預託法違反(不実の告知)の罪に問われた元社長、三ケ尻久美子被告(69)の公判が5日、東京地裁(芦沢政治裁判長)であり、検察側が懲役3年を求刑した。

 同罪に問われた元役員、大石勝也被告(74)には懲役2年6月を求めた。弁護側がいずれも執行猶予を求めて結審した。判決は来年1月9日に言い渡される。〔共同〕

日本経済新聞 電子版 2013/12/6 1:51
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0503N_V01C13A2CC1000/
関連記事
スポンサーサイト
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。