スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安愚楽事件、元社長らに実刑判決 東京地裁(10日付)

〔下野新聞〕

安愚楽元社長に実刑判決 東京地裁「全国に被害」
1月10日 朝刊


 経営破綻した「安愚楽牧場」(那須塩原市埼玉)の旧経営陣がうその説明で出資を勧誘したとされる事件で、特定商品預託法違反(不実の告知)罪に問われた元社長の三ケ尻久美子被告(69)らの判決公判が9日、東京地裁で開かれた。芦沢政治裁判長は「被害は全国にまたがり犯行の規模が大きい。動機は会社本位で自己中心的」として三ケ尻被告に懲役2年10月(求刑懲役3年)、元役員の大石勝也被告に懲役2年4月(同懲役2年6月)の実刑を言い渡した。弁護側は判決を不服として控訴する方針。

 芦沢裁判長は判決理由で、被害者が北海道、本州、四国、九州と全国にまたがり、被害額が多額となった点を強調。「牛が常に足りないことを認識しながら、会社を維持するためにさらなる顧客を獲得しようとした」と厳しく非難した。

 三ケ尻被告らは繁殖牛の不足が発覚しないようコンピューターの顧客管理システムを変更。架空の牛の識別番号をつくりオーナー契約を割り当てたとし、「計画性や周到さがうかがわれる」とした。

 三ケ尻被告に対しては「契約書の書式やパンフレットの改訂について最終的な決裁権を有しており、不実の告知を伴う勧誘を続ける経営判断をした」と指摘。弁護側は執行猶予付きの判決を求めたが、「刑事責任は非常に重い」と退けた。

 安愚楽牧場は11年8月に経営破綻した。負債総額は約4330億円。うち約4200億円は全国の出資者約7万3千人(県内約2千人、債権額116億円)への負債だった。

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20140110/1469162

------------------------------------------------------------
〔下野新聞〕

「忘れたいが…」 安愚楽判決でも傷癒えぬ出資者
1月10日 朝刊


 「安愚楽牧場」旧経営者2人に対し実刑判決が言い渡された9日、県内の出資被害者からはあらためて怒りの声が上がった。「どんな刑罰でも納得はできない」「忘れたくても忘れられない」。県内だけで約2千人に上った出資被害者。経営破綻発覚から2年余りたった今も、大切な財産を失い心の傷を癒やせぬ日々を送っている。

 「こんな刑罰では、次も同じ事件が起きてしまう。再発防止にならないじゃないか」

 1千万円を出資した小山市、自営業男性(59)は旧経営陣に対する詐欺罪適用を求めてきた。しかし、裁判で問われたのは刑の上限が2年の特定商品預託法違反(不実の告知)罪。併合罪適用で元社長の三ケ尻久美子被告(69)に懲役2年10月の実刑判決が下されたものの、刑の軽さに納得できない。

 自営業男性は「これだから日本は詐欺天国だと言われる。この事件を突き詰めると都合の悪い人がいるのではないか」と勘ぐった。

 夫婦で5千万円以上出資したという宇都宮市、無職男性(78)も「結果がどうあれ残念だとの気持ちは変わらない」とため息をついた。

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20140110/1469163

------------------------------------------------------------
〔Net IB news〕

「安愚楽牧場」元社長に実刑判決、懲役2年10カ月
社会2014年1月10日 16:35

 和牛オーナー制度が破綻して倒産した安愚楽牧場が、出資者に事実と異なる説明をしていたとして、特定商品預託法違反(不実の告知)容疑で罪に問われた裁判で、東京地裁は9日、同社元社長の三ケ尻久美子被告(69)に懲役2年10カ月(求刑懲役3年)、元専務大石勝也被告(74)に懲役2年4カ月(同懲役2年6カ月)の実刑判決を言い渡した。
 
 繁殖牛が不足しながら、繁殖牛が存在しているかのように装って勧誘を続けていたことが犯罪と認定され、ほぼ求刑通りの実刑判決が下された。
 
 安愚楽牧場のオーナーは全国約7万3,000人以上で、被害額は約4,200億円。消費者事件としては過去最大規模となる。安愚楽牧場の倒産をめぐっては、11年8月に行なわれた債権者説明会でも、資金難に陥っていながら勧誘を続けたとして、「詐欺事件の可能性が高い」、「民事再生でなく刑事告訴すべき」などの声が上がっていた。繁殖牛の頭数などについても、当時から疑惑を指摘する声があった。

 全国安愚楽牧場被害対策弁護団(団長:紀藤正樹弁護士)は、ホームページ上で、詐欺事件として起訴しなかった検察官に抗議し、「近く検察審査会に対して詐欺罪での起訴を求めて、申し立てをする予定」としている。また、被告人らに対しては「控訴することなく、刑務所において、自らの行為について振り返り、今後、いかに被害者に対して償いを行なっていくかを考えて、具体的な賠償方法を提示するよう求めます」としている。

http://www.data-max.co.jp/2014/01/10/10_59248_dm1223_5.html
関連記事
スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。