スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和牛商法検察審査会に申し立て 群馬


〔産経新聞〕

安愚楽事件、検審申し立て 群馬の出資者ら
2014.4.2 17:37

 経営破綻した「安愚楽牧場」(栃木県)の元社長三ケ尻久美子被告(69)=特定商品預託法違反罪で懲役2年10月の判決、控訴中=ら旧経営陣3人を東京地検が詐欺罪で起訴しなかったのは不当として群馬県内の出資者2人が2日までに、東京検察審査会に審査を申し立てた。申し立ては1日付。

 申立書によると、三ケ尻被告らは、2011年4月ごろには経営に行き詰まっていたにもかかわらず、同年5月以降も子牛の売却利益金などを受けられると信じ込ませ、契約金をだまし取ったとしている。

 東京地検は昨年10月、「破綻直前まで経営改善に努めており、積極的にだます意思があったとは認められない」として、詐欺罪での起訴は見送った。

http://sankei.jp.msn.com/region/news/140402/gnm14040218330005-n1.htm

------------------------------------------------------------

〔産経新聞〕

和牛商法検察審査会に申し立て 群馬
2014.4.3 02:41

 経営破綻した安愚楽(あぐら)牧場(栃木県那須塩原市)の和牛商法事件で、旧経営陣ら3人に対する詐欺罪での刑事告訴について、東京地検が昨年10月、嫌疑不十分で不起訴とした処分は不当として、前橋市と高崎市の出資者2人が1日、代理人の弁護士を通じ、東京検察審査会に審査を申し立てた。

 申立書によると、旧経営陣3人は平成23年4月ごろには経営が悪化していたにもかかわらず、5月以降も虚偽の勧誘を続け、出資者2人から計210万円をだまし取ったとしている。

 東京地検は昨年10月、「破綻直前まで経営改善に努めており、積極的にだます意思があったとは認められない」とし、詐欺罪での起訴は見送った。申立書では不起訴処分は明らかな誤りで、詐欺罪が成立することは明白としている。

http://sankei.jp.msn.com/region/news/140403/gnm14040302410001-n1.htm

関連記事
スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。