スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「安愚楽」控訴審始まる 弁護側、執行猶予求める

下野新聞

「安愚楽」控訴審始まる 弁護側、執行猶予求める

4月25日 朝刊

 経営破綻した「安愚楽牧場」(那須塩原市埼玉)の旧経営陣がうその説明で出資を勧誘したとされる事件で、特定商品預託法違反(不実の告知)罪に問われた元社長の東京都千代田区三番町、三ケ尻久美子被告(69)と元役員の埼玉県深谷市東方、大石勝也被告(74)の控訴審初公判が24日、東京高裁(井上弘通裁判長)で開かれた。弁護側は「犯行は悪質でなく、会社を維持する必要があった。一審の実刑は重すぎる」などとして、執行猶予付きの判決を求めた。

 弁護側の控訴趣意書によると、「オーナーの財産的被害は東日本大震災、福島原発の事故による放射能汚染と風評被害などによる」と主張。繁殖牛の不足は黒毛和牛種の表記に関する農水省のガイドラインや口蹄疫問題などが理由とし、「委託オーナー制度は十分に成り立つものだったが、度重なる外部的要因で計画を狂わされた」などとしている。

 控訴審初公判では弁護側が新たに7件の証拠調べを請求したが、破産管財人の最終報告書などとみられる2件以外は却下された。両被告への被告人質問は一部認められた。

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140425/1574452
関連記事
スポンサーサイト
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。