スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国賠提訴の報道(テレビ)

NHK

安愚楽牧場巡り国に賠償請求
5月30日 18時03分

 「和牛オーナー制度」で全国の7万人から資金を集め、経営破綻した栃木県の畜産会社、「安愚楽牧場」を巡って、30日、栃木県などの出資者86人が、被害が広がったのは早い段階で対策を取らなかった国にも責任があるとして、国に対しておよそ1億9000万円の賠償を求める訴えを起こしました。

 栃木県に本社があった「安愚楽牧場」は、繁殖用の牛への投資を募り、生まれた子牛を売却した代金を配当する「和牛オーナー制度」で7万人を超える会員を集めましたが、3年前の平成23年に4200億円余りの負債を抱えて経営破綻しました。
 これについて30日、栃木県や福島県などの出資者86人の弁護団が宇都宮地方裁判所を訪れ、国に対して、およそ1億9000万円の賠償を求める訴えを起こしました。
 訴えの中で出資者たちは、国は立ち入り検査によって、遅くとも平成21年までには将来、事業が立ちゆかなくなることが分かったはずで、被害が広がったのは早い段階で対策を取らなかった国にも責任があると主張しています。
 会見した弁護団の山下雄大弁護士は、「国には消費者を守る使命があり、きちんと規制をしていかなければならない。責任をしっかり取ってほしい」と述べました。
 弁護団によりますと、30日は、東京や名古屋でも各地の出資者が国に賠償を求める請求を行ったということです。
 提訴について消費者庁は、「訴状を受け取っていないのでコメントできない」としています。
 「安愚楽牧場」を巡っては、ことし1月、特定商品預託法違反の罪に問われた三ヶ尻久美子元社長ら2人に実刑判決が言い渡され、元社長らが控訴しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140530/k10014863301000.html

------------------------------------------------------------
〔テレビ朝日〕

安愚楽牧場の出資者、83億円の国家賠償請求訴訟(05/30 18:42)

 和牛オーナー制度で経営破綻した「安愚楽牧場」の出資者が、国の対応の不備が被害を拡大させたとして、合わせて83億円の国家賠償を求める訴訟を起こしました。

 提訴したのは「全国安愚楽牧場被害対策弁護団」など2007年12月以降に契約した各地の被害者合わせて1676人です。弁護団によりますと、2007年12月までに全国各地で和牛預託商法の業者が次々に破綻していたにもかかわらず、農林水産省は、立ち入り検査を行わなかったうえ、2010年には牛の数が減っているにもかかわらず、消費者庁も調査をしなかったということです。こうしたことは「故意に近い重過失」として、合わせて83億円余りの国家賠償を求め、30日に提訴しました。安愚楽牧場を巡っては1審の東京地裁で、預託法違反の罪に問われた社長の三ケ尻久美子被告が懲役2年10カ月、専務の大石勝也被告が懲役2年4カ月の実刑判決が言い渡され、現在、控訴を受けて東京高裁で審理中です。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000027931.html

------------------------------------------------------------
フジテレビ

安愚楽牧場出資者、国を相手取り3地裁に一斉提訴
05/30 22:19

 和牛オーナー制度が行き詰まり、経営破綻した安愚楽(あぐら)牧場の出資者が30日、国を相手取り、東京、愛知・名古屋、栃木・宇都宮の地方裁判所に一斉に提訴した。
 30日に提訴したのは、安愚楽牧場の出資者あわせて1,676人。
 同業者が次々に破綻し、制度が成り立たないことが明らかな中、国が必要な業務停止処分などを怠ったため、被害に遭ったなどとして、あわせておよそ83億円の賠償を求めている。
 弁護団は提訴後の会見で「被害者も高齢になってきている。調べれば調べるほど、国の責任は重い」などと述べた。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00269647.html

------------------------------------------------------------
〔中京テレビ〕

安愚楽牧場出資者が国に損害賠償求め提訴(愛知県)

 安愚楽牧場の「和牛商法」で被害を受けた出資者が30日、国を相手取り、約16億円の損害賠償を求め名古屋地裁に提訴した。訴えを起こしたのは、東海3県に住む出資者285人。訴状などによると、原告の出資者らは経営破綻した安愚楽牧場による和牛商法で被害が拡大したのは、監督責任を怠った国の責任として、国を相手取り、約16億円の損害賠償を求めている。この日の会見で弁護団は「国の責任を追及していきたい」と述べた。安愚楽牧場の和牛商法による出資者は全国で約7万3000人、負債総額は4200億円に上っているという。
[ 5/30 19:52 中京テレビ]

■ 動画をみる
http://news24.jp/nnn/news86219457.html

------------------------------------------------------------
〔名古屋テレビ〕

安愚楽牧場破綻 出資者ら国を提訴

「和牛商法」で経営破たんした安愚楽牧場をめぐり、国が監督責任を果たさなかったとして、東海地方の出資者らが国に損害賠償を求める訴えを起こしました。

訴えを起こした東海地方の出資者285人は、国が安愚楽牧場への調査を怠ったため、出資者の被害が拡大したとして、およそ16億円の損賠賠償を求めています。安愚楽牧場は雌牛を出資者に購入させ、生まれた子牛を買い取る「和牛商法」を行っていましたが、2011年に経営破たんしました。東京などでも歌手が起こされていて、被害総額は約4200億円ということです。

更新時間:2014年05月31日 02:30

http://www.nagoyatv.com/news/?id=78261

関連記事
スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。