スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党・柴山昌彦議員に陳情をしました(6/5)















6月5日(木)のAM9:30に、衆議院第二議員会館で、自民党の柴山昌彦議員と面会し、安愚楽問題の早期解決のお願いをしてきました。

集まったのは、弁護団5~6人、被害者11人、取材記者3人くらいで、面会時間は30分弱。

柴山議員は、自民党の安愚楽牧場問題プロジェクトチームの元座長であり、2012年2月の国会質疑で、松原仁・消費者担当大臣(当時)から、消費者庁の不手際について謝罪の答弁を引き出してくれた方です。

まず、紀藤団長より、今回の国賠訴訟の趣旨説明が行われ、早期の救済を求める要請書や、国賠訴訟の訴状(簡略版)などが手渡されました。そして、被害者が高齢であることなどを考慮して、一日も早いの救済を実現して欲しいと要望しました。

これに対して、柴山議員からは以下のような回答がありました。

「安愚楽問題プロジェクトチームでは、農水省や消費者庁にヒヤリング調査をしているので、当時どのような検査や指導をしたのかについては、すでに把握できている。安愚楽問題について一番熱心に取り組んでいるのは自分たちのチームだという自負もある。なので、そのときのチームのメンバーに声をかけて、政府への働きがけを行いたい。そして、国民にも被害者の方々にも説明がつくような形で、なんとか決着をつけられるようにしたい」

また、被害者からも柴山議員へ要請書を手渡し、「被害者は国にも騙されたという思いを抱いている」という話をしました。

被害者の会が提出した要請書は以下の通りです。
http://agurahigai.web.fc2.com/book/20140605sibayama.pdf

面会終了後の紀藤団長の話では、まだまだこれは最初の第一歩にすぎない……とのことでした。

今回の陳情は急に決まった話なので、同行していただける被害者を集めるのが大変でした。かなり無理なお願いをしたので、残り少ない有給を使って駆けつけてくださった方もいました。被害者の会の活動は、こうした方々の熱意によって支えられています。



柴山議員のFacebookでも紹介されています。
https://www.facebook.com/549728848437286/photos/a.549802538429917.1073741845.549728848437286/663386100404893/?type=1&theater
関連記事
スポンサーサイト
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。