スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安愚楽牧場の旧経営陣、詐欺罪は再び不起訴 東京地検

産経新聞

安愚楽牧場の旧経営陣、詐欺罪は再び不起訴 東京地検
2014.10.3 21:12

 経営破綻した安愚楽(あぐら)牧場(栃木県)の特定商品預託法違反事件で、元社長の三ケ尻久美子被告(70)=同法違反罪で公判中=ら旧経営陣3人について、出資者から詐欺罪での刑事告訴を受け捜査していた東京地検は3日、嫌疑不十分で不起訴処分とした。

 この事件をめぐっては、出資者が「経営破綻することを知りながら新たな出資者を募ったのは詐欺に当たる」などとして刑事告訴。地検は昨年10月に同罪で不起訴処分としたが、出資者は処分を不服として検察審査会に申し立てた。検審は今年4月に不起訴不当と決議し、地検が再捜査していた。

 地検は「旧経営陣は資金繰りが悪化した後も金融機関と交渉するなどしており、詐欺の故意があったとまでは言えない。必要十分な捜査は行ったが、詐欺を立証する証拠が集まらなかった」と説明している。

 一方、弁護団の紀藤正樹弁護士は「不起訴ありきの再捜査としか思えず、納得できない」とし、別の詐欺罪での刑事告訴を検討していることを明らかにした。

http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/141003/cpb1410032112001-n1.htm

------------------------------------------------------------

時事通信社〕

詐欺は再度不起訴=元安愚楽牧場社長ら-東京地検

 経営破綻した安愚楽牧場をめぐる事件で、特定商品預託法違反罪で起訴されたが、詐欺罪は不起訴となり、検察審査会が不起訴不当と議決した元社長三ケ尻久美子被告(70)らについて、東京地検特捜部は3日、嫌疑不十分で再び不起訴処分とした。
 強制起訴につながる起訴相当の議決ではないため、再度の不起訴に対し、検察審の審査は行われない。
 三ケ尻被告らは、顧客への利益金の支払いが滞るようになってからも、牛のオーナーの募集を続け、出資金を募っていた。これに対し、特捜部は同被告らが事業継続のために銀行と融資交渉を続けていたことなどから、だます意図があったとは言えないと判断。詐欺罪には当たらないと結論付けた。(2014/10/03-17:50)

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014100300739

------------------------------------------------------------

読売新聞

安愚楽牧場事件、旧経営陣再び不起訴に
2014年10月03日 22時08分

 安愚楽あぐら牧場(栃木県)の和牛オーナー制度を巡る事件で、東京地検特捜部は3日、詐欺罪について不起訴とした元社長三ヶ尻久美子(70)、元役員大石勝也(75)両被告(いずれも特定商品預託法違反で控訴中)ら旧経営陣3人について、再び嫌疑不十分で不起訴とした。

 複数の検察審査会が「不起訴不当」を議決し、特捜部が再捜査していた。

 審査会は「飼育牛を増やして販売を拡大する考えがあったか疑問」などとしていたが、特捜部は、旧経営陣が牧場の破綻直前まで資金繰りに動いていたことなどから、「出資金をだまし取る意図があったとまでは認められない」と判断した。

2014年10月03日 22時08分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

http://www.yomiuri.co.jp/national/20141003-OYT1T50172.html

------------------------------------------------------------

NHK

安愚楽牧場元社長ら 改めて詐欺罪は不起訴
10月3日 17時31分

多額の資金を集めた末、経営破綻した「安愚楽牧場」の元社長らが特定商品預託法違反の罪に問われている事件で、東京地方検察庁はより刑の重い詐欺罪を適用しなかったのは不当だとする検察審査会の議決を受けて再捜査をしていましたが、3日、改めて詐欺罪は不起訴とし、捜査を終えました。

「和牛オーナー制度」で全国の会員から多額の資金を集めた末、経営破綻した「安愚楽牧場」の元社長、三ケ尻久美子被告(70)ら経営陣2人は保有する牛の数を過大に説明し出資を募ったとして、特定商品預託法違反の罪に問われ1審で有罪判決を受けて控訴しています。
この事件で東京地方検察庁が被害を受けた会員が求めていた、より刑が重い詐欺罪の適用を見送ったのに対し、検察審査会が「だますつもりがなかったという弁解は受け入れられず詐欺罪の不起訴は不当だ」と議決しました。
これを受けて東京地検は再捜査をしていましたが、3日、「だまそうという故意を認定できず起訴するだけの証拠はない」と結論づけ、詐欺罪について改めて不起訴としました。
検察審査会の議決が「不起訴不当」の場合、検察が再び不起訴とすれば2回目の審査は行われないため、これで捜査は終わります。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141003/k10015100451000.html

関連記事
スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。